-公益財団法人 古都飛鳥保存財団ANCIENT CAPITAL ASUKA PRESERVATION FOUNDATION

ENGLISH

HOME  >   古都飛鳥保存財団とは

古都飛鳥保存財団とはABOUT US

財団紹介

設立趣意書
飛鳥は、日本国民の心の故郷ともいうべき地域であります。
そこでは、推古天皇から天武天皇に至る約一世紀の間、都はおおむねこの地に営まれ、大化の改新を経てわが国古代国家の基礎がようやく固まるとともに、仏教その他の大陸文化が伝来し、古代文化が開花する飛鳥時代の舞台となったのであります。したがって、そこには数多くの宮跡、社寺跡、古墳などの遺跡が境を接して存在し、日本古代史の展開を如実に物語るばかりでなく、今日なお残る自然的景観は、かつて万葉記紀に歌われた歴史的風土そのものを伝え、われわれに日本古代への回想をかきたてずにはおかないのであります。
しかし、この地方にも最近にいたり各種開発事業の波が急速に及び、周辺の静寂なたたずまいを日に日に破壊しつつあるのであります。今にして放置するならば、これが早晩、飛鳥の地域をも侵し、かけがえのない貴重な民族的・歴史的遺産が急速に失われてゆくことは必至でありましょう。
わたくしどもはこの状況をかえりみ、飛鳥地方の保存を国家的・国民的課題とするよう、政府はもとより広く国民各層に訴えてまいりました。
幸い政府におかれてもその意義を深く認識され、昭和45年12月閣議決定をもって飛鳥保存対策を決定し、その内容は保存のための法的措置とともに、周辺の環境整備、地域住民の生活向上を、総合的な計画の下に一本化して行おうとするもので、わたくしどもといたしましても、ここに飛鳥保存事業が力強くその一歩を踏み出したものとして歓迎している次第であります。
しかし、飛鳥を保存するにあたって、政府の施策が重要であることは申すまでもありませんが、それのみでは必ずしも十分とは申せないのであります。むしろその多くの分野は、民間においてこそ効果的に実施しうるものがあろうと思うのであります。そして政府におかれても、この点における民間の協力を強く要請された次第であります。
ここにおいて、わたくしどもは政府及び地方関係機関とも密接に連絡をとり、その協力を仰ぎつつ、国民的立場から飛鳥保存の課題を果すべく有志一同相諮り財団法人の設立を発起した次第であります。
(昭和46年4月)

財団概要

公益財団法人 古都飛鳥保存財団
所在地: 〒634-0138 奈良県高市郡明日香村大字越13-1
TEL: 0744-54-33380744-54-3338
FAX: 0744-54-3638
Email: info@asukabito.or.jp
目的
この財団は、飛鳥地方における歴史的風土及び文化財の保存及び活用を図るとともに、古都における歴史的風土に関する国民の認識を深め、広く国民的立場で古都及び歴史的風土の保存及び活用を推進し、文化の向上発展に寄与することを目的としております。
事業
この財団は、次のような事業を行っております。
  1. 飛鳥地方における歴史的風土及び文化財の保存及び活用をはかる事業への助成、調査研究並びに知識の普及向上
  2. 飛鳥地方における飛鳥の宿「祝戸荘」(研修宿泊所)及び「飛鳥びとの館」(飛鳥総合案内所)ならびに高松塚壁画館の管理運営
  3. 飛鳥地域における住民活動の向上に関する事業への助成
  4. 古都における歴史的風土の保存及び活用に関する普及啓発、調査研究、情報・資料の提供等
  5. 前各号に関連して政府や関係機関への建議及び要請
  6. その他財団目的達成に必要な事業
資金
この財団は、基金から生ずる果実、寄付金、補助金、会費収入、飛鳥の宿「祝戸荘」(研修宿泊所)、「飛鳥びとの館」飛鳥総合案内所ならびに高松塚壁画館の収入等によって運営しております。
会員
会員は、特別会員として財団の運営に意見を述べ、または行事に参加できます。
  1. 特別会員は、十万円以上の金品を寄付された団体か、一万円以上の金品を寄付された個人、あるいは財団事業に特に貢献のあった方。

役員・評議員

財団のあゆみ

財団では長年にわたって多方面的な飛鳥保存活動を進めています。無住社寺等修復助成などの「文化財保存事業」、伝統行事・集落景観保存などの「調査研究事業」、各種講演会・季刊誌「明日香風」の発行などの「普及啓発事業」のほか、明日香村の文化活動に対する助成などの「地域住民に関する事業」等が中心テーマです。

↓年表はスクロールしてご覧になれます。

  1. 昭和45年3月松下幸之助氏が佐藤総理に飛鳥の荒廃を訴え、その保存措置を要請。
  2. 5月佐藤総理その他関係閣僚飛鳥現地を視察。
  3. 12月答申に基づき、「飛鳥地方における歴史的風土及び文化財の保存等に関する方策について」閣議決定。
  4. 46年4月財団法人飛鳥保存財団設立許可される。
    松下幸之助氏、理事長に就任。
  5. 47年4月近鉄「飛鳥」駅前に総合案内所竣工。
    高松塚古墳発掘調査中、彩色壁画発見される。
    「飛鳥地方における歴史的風土及び文化財の保存等に必要な資金に充てるための寄付金つき郵便葉書等の発行の特例に関する法律」が施行される。
  6. 48年3月高松塚古墳保存寄付金つき郵便切手発行される。
  7. 49年3月国営飛鳥歴史公園祝戸地区に研修宿泊所が竣工。
  8. 51年9月明日香村大字雷所在の旧民家を大字飛鳥へ復元移築し、「民俗資料の家」として竣工。
  9. 10月国営飛鳥歴史公園高松塚地区に高松塚壁画館竣工。
  10. 53年5月高松塚慰霊祠竣工。
  11. 6月近鉄「飛鳥」駅前駐車場整備完了。
  12. 54年3月飛鳥保存特別立法について歴史的風土審議会召集される。
  13. 12月昭和天皇陛下、明日香村へ行幸。高松塚古墳、壁画館天覧。
  14. 55年1月歴史的風土審議会答申に基づき「明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法案」に決まる。
  15. 5月「明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法」施行。
  16. 56年6月秩父宮妃殿下。高松塚壁画館視察。
  17. 10月季刊誌「明日香風」創刊。
  18. 57年10月韓国ソウルにおいて「日韓交流シンポジュウム」実施。明日香村民の韓国扶余公式訪問
  19. 58年4月佐伯勇理事長就任。
  20. 59年10月中曽根総理大臣、高松塚壁画館視察。
  21. 60年3月「大美和の杜」整備事業竣工式。
  22. 61年10月「設立15周年特別講演会」実施。
    日韓交流写真展「大和・飛鳥写真展」(ソウル)開催。
  23. 62年3月飛鳥の民俗第一輯「飛鳥の民俗」発刊。
  24. 平成2年3月飛鳥総合案内所新装開館。
  25. 4月上山善紀理事長就任。
  26. 9月第二次明日香村整備計画スタート。
  27. 3年4月「20周年記念全国縦断飛鳥学講演会(札幌、仙台、東京、奈良、広島、福岡)」の実施。
    財団設立20周年記念祝賀会開催。
  28. 4年11月高松塚壁画館「ハングル語解説書」作成。
  29. 5年9月飛鳥駅前整備電線地下埋設工事協力。
  30. 6年4月「住民意識調査と飛鳥地域の活性化ビジョン」策定。
    近鉄「飛鳥」駅前駐輪場整備。
  31. 7年6月明日香法制定15周年事業に協賛。
  32. 11月啓発パンフレット「ふるさと明日香の明日を創る」作成。
  33. 8年11月明日香村村制40周年記念事業に協賛。
  34. 9年10月インターネットホームページ開設。
  35. 10年10月高松塚壁画館解説用モニター設置(日本語・英語・ハングル語)
  36. 11年6月飛鳥駅前地場産品直売所設営協力。
  37. 12年4月第三次明日香村整備計画スタート。
  38. 6月ホームページ英語版の開設。
    総合案内所 村内在住工芸作家作品展示コーナー設置。
    「明日香風」デジタル化。
  39. 13年8月高松塚壁画館通年開館スタート
  40. 12月設立30周年記念誌「飛鳥に学ぶ」発刊。
  41. 14年11月「八釣マキト古墳」移築復原事業実施。
  42. 15年8月田代和理事長就任。
  43. 9月飛鳥の民俗第二輯「明日香の風土」発刊。
  44. 16年3月総合案内所「飛鳥びとの館」としてリニューアルオープン。
  45. 7月特殊切手「特別史跡キトラ古墳(寄付金付)」寄付金配分決定。
    キトラ古墳映像、公開機器の整備。
  46. 10月奈良銀行と提携による「キトラ古墳保存協力定期預金」募集。
  47. 17年5月(~10月)国営飛鳥歴史公園祝戸地区再整備検討委員会開催、全3回。
  48. 9月「国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策」についてアンケートを全村実施。
  49. 18年8月祝戸荘改修寄附金の募集始まる。
  50. 10月季刊「明日香風100号」発刊。
  51. 11月高松塚壁画館入館者500万人達成。
  52. 19年10月飛鳥の宿「祝戸荘」リニューアルオープン。
  53. 20年9月ホームページリニューアル。
  54. 22年4月第四次明日香村整備計画スタート。
  55. 22年4月山口昌紀理事長就任
  56. 23年4月「財団法人 古都保存財団」と平成23年4月1日に合併し、
    法人名称を「財団法人 古都飛鳥保存財団」と改称。
  57. 25年4月内閣総理大臣より「公益財団法人」への移行認定を受け、「公益財団法人 古都飛鳥保存財団」と名称変更
  58. 27年7月高松塚壁画館入館者が600万人達成
  59. 28年4月天皇皇后両陛下、明日香村へ行幸。高松塚古墳、壁画館天覧。
  60. 29年7月和田林道宜理事長就任

定款について

決算書・報告書

平成29年度
平成28年度
平成27年度

個人特別会員について

公益財団法人 古都飛鳥保存財団では、個人特別会員(賛助会員)を募集しております。
飛鳥の貴重なる歴史的遺産を後世に伝えることを目的とする当財団の事業をご理解いただき、ご協力をお願いするものでございます。なお、皆様には今後会員として当財団事業について広くご意見をお寄せ頂きたいと思っております。

年会費

10,000円(一口)

※当財団は、内閣総理大臣より「公益財団法人」としての認定を受けておりますので、当財団に対する個人の方のご寄附については、確定申告の際、『税額控除』と従来の特定公益増進法人に対して寄附した場合に適用される『所得控除』のいずれか一方の選択が出来るようになりました。
特典
  • 財団主催の講演会ご招待
  • 高松塚壁画館入館無料
  • 飛鳥の宿 祝戸荘 宿泊料10%割引(ご同伴者2名様まで)
  • 石舞台古墳の団体料金適用(ご同伴者2名様まで)
  • 「飛鳥びと」送付
  • 高松塚古墳壁画発見記念切手謹呈(新規入会時のみ)
  • 高松塚古墳壁画婦人像木版画を特別頒布(作者 徳力 富吉郎 氏)
    [版画]  20,000円 → 15,000円
    [額入] 35,000円 → 30,000円
高松塚古墳壁画婦人像木版画 高松塚古墳壁画発見記念切手
申込方法

個人特別会員のお申し込みの方は、まずはこちらの「お問い合わせフォーム」よりその旨をご記載の上、お申し込みしていただければ、折り返しこちらよりご入会の確認メールを致します。その後にご入金の程、宜しくお願い致します。

ご入金先

郵便振替口座 00970-5-8651
加入者名   (公財)古都飛鳥保存財団 まで。
※ご住所・ご氏名・お電話番号を明記の上、通信欄に「個人特別会員」とお書き下さい。
※ご入金確認後、会員証他をお届けいたします。

お問合わせ先
〒634-0138  奈良県高市郡明日香村大字越13-1
公益財団法人 古都飛鳥保存財団
TEL. 0744-54-33380744-54-3338
Email. info@asukabito.or.jp

このページの先頭へ