飛鳥時代前後の年表

日本と中国、朝鮮の歴史

日本

古墳時代の終りに当るこの頃馬具発達し工芸技術も盛んになる

中国

南北朝時代の終りで、485年北魏の教帝が均田法を施行

朝鮮

高句麗の全盛時代で百済・新羅も存在。

500
年代
   
   
   
   
538年 百済より仏教が伝わる(一説には552年)
   
   
584年

蘇我馬子石川の宅に仏殿を造る
592年 崇峻天皇暗殺される
推古天皇即位
593年 聖徳太子摂政となる
   
   

534年

北魏、東西に分裂

535年

西魏成立
 

 

 

577年

北周、北斉を滅 ぼし華北を統一
   

589年

隋が中国統一

523年

百済武寧王没

528年

新羅に仏教伝来
 

 

 

 

 

 

562年

新羅、大加耶を滅ぼす
   

586年

高句麗、長安城へ遷都
600
年代

603年

冠位十二階を制定

604年

憲法十七条を制定

607年

小野妹子らを隋に遣わす(遣隋使)
 

 

 

622年

聖徳太子没

629年

舒明天皇即位
   

642年

皇極天皇即位

643年

蘇我入鹿、山背大兄王を襲う

645年

中大兄皇子ら蘇我入鹿を誅滅し大化改新始まる
難波に遷都
   
   

653年

遣唐使出発
658年
有間皇子殺される
661年 中大兄皇子称制
663年
白村江で唐に大敗す
   
669年
藤原鎌足没
   
671年
天智天皇没
672年
壬申の乱
673年
天武天皇即位
684年

八色の姓を定める

 

686年
持統天皇皇后称制
690年
持統天皇即位
694年
藤原京に遷都
697年 天皇譲位して文武天皇即位

604年

隋、煬帝即位

   
   

611年

隋、三回にわたる高句麗遠征を行う

627年

太宗即位
   

640年

太宗、高昌国を滅ぼす
   

644年

大明宮(永安宮)の造営

646年

玄奘三蔵「大唐西域記」12巻完成。
太宗に献上

648年

西突蕨、唐に投降
   
   

663年

大明宮完成。以降ここで政治が行われる
   
   
   
   

675年

高宗が命じた龍門石窟奉先寺の大慮舎那仏完成
   

690年

則天武后、帝位につき国号を周とする

 

   
   
   
 

 

 

624年

高句麗・百済・新羅が唐の册封を受ける

 

 

 

642年

百済、新羅を攻める
   
   
   
   
   
   
   

661年

百済王族の鬼室
福信ら挙兵
   

667年

唐・新羅、高句麗を攻め、翌年滅ぼして平壌 に安東都護府を置く
   

676年

新羅による半島統一

686年

新羅、唐に遣使
700
年代

701年

大宝律令制定

707年

文武天皇没
元明天皇即位

708年

法隆寺再建

710年

平城京に遷都

712年

太安万侶古事記を撰上

714年

播磨風土記成る

720年

舎人親王ら日本書紀を撰上
藤原不比等没

729年

長屋王の変
   

705年

中宗、復位し、唐王朝復活

 

 

 

 
   
712年 玄宗即位。開元の治
   
 

 

 

   
745年 玄宗が楊太真を貴妃とする
755年 安史の乱(~763)
   
 

 

 

 

 

   
   
   

721年

新羅、長城を築く

722年

新羅、日本に対し城関を築く

 

 

 

751年

新羅、仏国寺建立

768年

新羅、大恭らの反乱

トップへ戻る