飛鳥保存の恩人

飛鳥を守った大恩人 御井 敬三氏(1918〜71)

  和歌山県出身の御井氏は小学校を卒業する頃から視力が低下、盲学校を経て漢方医の道を歩んだ。終戦後大阪市内に脈診研究所を開き、脈に触れて患者の病状を診断し、ハリとキュウで治療する医院を経営。漢方医としての評判は高く、多くの患者を診ていた。
  御井氏が飛鳥を訪れたのは昭和40年初めのころであった。職業とする漢方脈診が、千数百年の昔、飛鳥に伝わったことを知り、飛鳥に興味を覚えた。喧噪の大阪と違い空気は美しく不自由な目に古からの素朴な風景の残されているこの地に心を打たれ、農家の柴小屋を借りて別荘にし、月に二~三度来村するようになり、その後足しげく運ぶたびにますます飛鳥のとりこになった。
  万葉にうたわれた飛鳥川や甘橿丘、小屋から手のとどく範囲でさえ、古代人の生活がしのばれる。御井氏は弟子に診療所をまかせ、居を飛鳥に移してしまった。
  折も折御井氏は飛鳥の昔ながらの風景も、隣接する橿原市の方から次第に破壊されはじめているのに気づいた。宅地開発の波が甘橿丘のすぐ西側まで迫ってきているのである。なんとかこのままの美しい姿で残って欲しい、次の世代につたえて行きたい。
  その思いが御井氏を飛鳥保存へとつき動かしたのである。私財を提供して「飛鳥古京を守る会」を活性化させ、また「飛鳥村塾」の開講により飛鳥の自然と史跡を積極的に守り、飛鳥を愛する人々を育てる場としてさらに日本民族の故郷飛鳥の歴史・文学を通して日本人としてのこころを養う場として開放したのである。
  こうした中で御井氏の熱い想いは時の首相 佐藤栄作氏にあてて飛鳥保存をして欲しいという直訴状を送ることに発展する。昭和45年正月のことである。以後飛鳥保存は、一地方・一個人の取組から国家政策に組み込まれて行くのである。

* 直訴状は親交のあった松下幸之助 松下電器産業会長(当時)のアドバイス により録音テープに吹き込まれ、松下氏を介し佐藤総理に届けられた。

声の直訴状

昭和45年1月

佐藤首相閣下

鍼灸師 御井 敬三

 

「日本の心のふるさと」明日香を守るために

 

拝啓、輝く1970年を壽ぎまつるにあたり、誠に偉大なる日本の指導者であられます佐藤首相閣下の御健勝を衷心より祈念してやみません。
さて、日本国民の一人として大和魂をふるいおこし、一管を奉ることを、何卒、御聴容のほどお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここに、1970年を迎えるに当たり、現政府の施政方針の一つに、是非とも取り上げて頂きたい事柄があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご承知のように、明日香村は大和朝廷発祥の地であり、日本の古代国家が初めてその形を整え、法治国家として出発した古京であります。
古代の大和朝廷の殆どが飛鳥に都を置き、そうしてこの飛鳥を中心にして大和国家は栄え、この飛鳥を中心として古代文化の輝かしい数々が生まれ、やがて大和の名は日本全体を意味する言葉となってまいります。このように、古代日本の政治と文化の母胎となったのが明日香でこの飛鳥こそは、「日本の心のふるさと」の名に値する唯一の存在でもあるといえます。
したがって、明日香の古京を逍遥すれば誰しも日本のこの国が如何にして形成され、如何なる経路を辿ってきたかを回想せずにはおられないでしょう。
このように、日本の国の成り立ちから、日本の国がどういう国がらであるかを知ることは、日本人にとって最も大切な事柄ではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日香はまた、古墳時代の後期、その頂点に立って、律令の制定、神祇上の典礼の確立、外邦百済・隋・唐との交流、医術、暦法、数学、舞楽、建築その外の文化の摂取が行われ、仏教を移入して造寺、造仏を興こし、漢字の伝来を持って日本の言葉を文字に写すことを始め、古事記、日本書紀、風土記などの史実の編纂、万葉集などの詩歌の編集など、我らの祖先が如何に人生を生きたかを哲学的、宗教的、倫理的に標し、またそれらを歴史的、文学的にも世界的に誇るべき貴重な記録として後世に残した古京であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

およそ如何なる国の民族も、それぞれの国が持つ文化遺跡を高く評価するものです。そしてこれを誇り、これを愛し、その国の名において実際に大切に保存しています。
それにも拘らず、我が国ではこの大切な明日香古京を大切に保存し、これを愛し、これを生かす精神とは非常に遅れています。
一体これは如何なることなのでしょうか。
もしも、このままに放置するならば、明日香古京は近代化の浸蝕を受けて、幾ばくもなくその価値を消滅してしまうことでしょう。
日本民族のふるさととも言うべき明日香の自然と風物、世界に誇るべき貴重な史跡は、どんなことがあっても守られなければなりません。
そのためには、さしあたり、特別風致地区及び古都保存法の両条例を適用することによって、明日香の風致と史跡を保護する処置を早急にとって頂く。
そしてさらに、明日香を守るというよりも、これによって国民精神の作興を図るとなれば、どうしても明日香古京法というような別の法令によって明日香を日本人の精神のふるさととして、村民の生活保障を含めた建設的な処置が取らなければならないでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日香を守る唯一の道は、明日香をこの後の日本の国作りの上に、その精神の中心として生かすことであると言う問題について考えてみる時、是非とも国の力によらなければならないという結論が出て参ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここに切実に佐藤首相閣下の御英断を祈る次第であります。
かく言上致します私は、東洋医学の漢方によって、世の一部の人々の保健に微力を捧げてきた者でありますが、東洋医学はもともと東洋の哲学と結びついて発達してきましたために、診療には常に精神との関係がついてまわります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は診療所を持つ大阪市の公害から逃れて週末を静養するため、たまたま明日香に偶居を得て一年有余、かねてよりあこがれていた明日香の想像以上のすばらしさに驚くとともに、しだいに明日香の持つ民族的意義を深く学び、非常な感動を覚えることができました。
こうして、焦点が一点に絞られ、日本民族が中心にすべき精神は古事記、日本書紀、万葉集の心に流れていることを発見し始めたのであります。
その探求には、明日香の自然を通して飛鳥時代の史蹟を通して、私達の祖先が残してくれた民族のイブキに触れなければならないと思考することに至りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日香を守ることは、いわば史蹟を守ると言うたぐいではなく、又、「温故知新」といわれる古きを尋ねて新しきを知るにとどまらない、更に大いなるものが秘められているところに意義があります。
ここに、日本人として愛国の至情止み難く、あえて一管を走らすに至った次第であります。加えて、この一管の御聴許を機に、首相閣下に是非とも飛鳥の古京趾を御視察頂ければ、光栄これに過ぎるものはございません。
願わくば、天の祐けと共に、人生意気の感ずるの士は来たりて行を共にされんことを、更にこの飛鳥村塾が魁となり、国の力によって、本格的な明日香古京の精神活動が出現することを祈りつつ、つたなきこの一管を終わることに致します。

トップへ戻る