古都飛鳥保存財団とは、

設立趣意書
 飛鳥は、日本国民の心の故郷ともいうべき地域であります。
 そこでは、推古天皇から天武天皇に至る約一世紀の間、都はおおむねこの地に営まれ、大化の改新を経てわが国古代国家の基礎がようやく固まるとともに、仏教その他の大陸文化が伝来し、古代文化が開花する飛鳥時代の舞台となったのであります。したがって、そこには数多くの宮跡、社寺跡、古墳などの遺跡が境を接して存在し、日本古代史の展開を如実に物語るばかりでなく、今日なお残る自然的景観は、かつて万葉記紀に歌われた歴史的風土そのものを伝え、われわれに日本古代への回想をかきたてずにはおかないのであります。

 しかし、この地方にも最近にいたり各種開発事業の波が急速に及び、周辺の静寂なたたずまいを日に日に破壊しつつあるのであります。今にして放置するならば、これが早晩、飛鳥の地域をも侵し、かけがえのない貴重な民族的・歴史的遺産が急速に失われてゆくことは必至でありましょう。

 わたくしどもはこの状況をかえりみ、飛鳥地方の保存を国家的・国民的課題とするよう、政府はもとより広く国民各層に訴えてまいりました。
 幸い政府におかれてもその意義を深く認識され、昭和45年12月閣議決定をもって飛鳥保存対策を決定し、その内容は保存のための法的措置とともに、周辺の環境整備、地域住民の生活向上を、総合的な計画の下に一本化して行おうとするもので、わたくしどもといたしましても、ここに飛鳥保存事業が力強くその一歩を踏み出したものとして歓迎している次第であります。

 しかし、飛鳥を保存するにあたって、政府の施策が重要であることは申すまでもありませんが、それのみでは必ずしも十分とは申せないのであります。むしろその多くの分野は、民間においてこそ効果的に実施しうるものがあろうと思うのであります。そして政府におかれても、この点における民間の協力を強く要請された次第であります。

 ここにおいて、わたくしどもは政府及び地方関係機関とも密接に連絡をとり、その協力を仰ぎつつ、国民的立場から飛鳥保存の課題を果すべく有志一同相諮り財団法人の設立を発起した次第であります。

(昭和46年4月)

トップへ戻る