-公益財団法人 古都飛鳥保存財団ANCIENT CAPITAL ASUKA PRESERVATION FOUNDATION

ENGLISH

HOME  >   お知らせ  >   高松塚壁画館秋季企画展『中国・高句麗壁画の人物と服装』

お知らせ・イベント情報INFORMATION

2017/08/30古都飛鳥保存財団情報高松塚壁画館秋季企画展『中国・高句麗壁画の人物と服装』

今回の秋季企画展は、中国と高句麗における古墳壁画の成立期にスポットをあてた展示を行ないます。展示内容は、中国の西安交通大学墓、高句麗の徳興里古墳を取り上げ、写真パネルを用いた展示となっています。

中国大陸の古墳壁画と高松塚古墳壁画を見比べると、壁画に描かれた人物やその服装、持物などは似ていますが同じではありません。もちろん壁画の内容や構成、配置も異なっています。日本の高松塚と中国・高句麗の古墳壁画の違いは明らかですが、中国と高句麗の間でも違いがあるようです。人物や四神が墓室のどこに描かれたのか、人物や四神・神獣たちはどのような情景のなかに描かれているのか。壁画がいったい何を表現しているのか、その背景には中国の神話世界が関係しているようです。古墳壁画の成立について壁画世界の背景からさぐってみたいと思います。

 

展示期間
平成29年9月23日(土)~平成29年11月30日(木)
会期中無休

 

開館時間
午前9時00分~午後5時00分 (入館は午後4時30分まで)

 

入館料
大人 250円
学生 130円(高校・大学)
小人 70円(小学・中学)

 

展示会場
高松塚壁画館
奈良県高市郡明日香村平田439
℡0744-54-3340
http://www.asukabito.or.jp

 

<協賛>パナソニック(株)、奈良交通(株)、(株)近鉄・都ホテルズ、(株)近鉄リテーリング、近畿日本鉄道(株)【順不同】

お知らせ一覧

このページの先頭へ