古都飛鳥保存財団情報でタグ「夏休み楽校」が付けられているもの

 

飛鳥夏休み楽校 
~飛鳥の自然と歴史に触れあおう!!~
実施報告
 

古都飛鳥保存財団は、本年設立40周年を迎え様々な事業を実施いたしております。財団の使命である飛鳥地方の歴史的風土及び文化財の保存・活用を図ることを目的に様々な事業の企画を行い、ひとりでも多くの方々に飛鳥保存へのご理解と協力いただけるよう努めております。
この夏休み楽校は、歴史ロマン溢れる飛鳥をフィ-ルドに、普段子供たちが接する機会がない大学・研究機関の先生より、“日本”という国が成立したころ(飛鳥時代)の人びとの活躍や文化の発展等を易しく解説いただく歴史学習と、その歴史・自然等をテ-マに、楽しみながら学ぶをコンセプトにした“楽校”を開校(期間=8月23日(火)~26日(金)3泊4日、対象=小学5年生から中学2年生の男女 合計 32名)いたしました。
参加する子供達同志が、寝食を共にする夏休み合宿の要素を加味したカリキュラムで、3泊4日のスケジュ-ル(学習・体験・レクリエ-ション)の修了を目指し、子供達が飛鳥の“歴史・自然・文化” その大切さを感じ、少しでも興味を抱き、飛鳥の保存活動を次代に継承するきっかけづくりになればとの思い・・・で、開校しました。さて、子供達は・・・・どうだったかな?
 
夏休み楽校の4日間の様子はこちらから↓

            飛鳥夏休み楽校実施報告