古都飛鳥保存財団情報でタグ「帝塚山大学」が付けられているもの


-帝塚山大学・飛鳥保存財団連携協力イベント-

◆居住空間デザイン学科によるインテリアファブリック展示
◆吹奏楽部による演奏
◆茶道部によるお茶席

【イベント概要】

9月18日(土)  13:00~16:00

◎吹奏楽部による演奏(全3回 各20分ずつ)

◎茶道部によるお茶席
 

9月18日(土)  15:00~21:00

◎植村和代教授ゼミ作品展示

 -あかりに映える織物のオブジェ-

  歴史のロマンがつまった飛鳥の様々なイメージをゼミで製作
  した織物で表現しています。40センチ×10メートルの色鮮やかで
  清新な織物3作品が、飛鳥駅前を彩ります。夜には、キャンドル
  で下から照らし、幻想的な雰囲気で飛鳥の魅力を伝えます。

◎村川香代子教授ゼミ作品展示

 -石室から21世紀の星空を眺めよう-

  飛鳥のキトラ、高松塚古墳の内部をイメージしています。古墳
  内部の石室を紙で作り、四神をそれぞれ影絵で四方に配置。
  石室の天井には、天文図が描かれていたのですが、
  作品では天井は覆わずに石室に入って2010年の星空を
  眺めてもらいます。石室へは四神や1300年の文字が浮かび
  上がるカップキャンドルで導きます。


 当日は、明日香村内で『飛鳥光の回廊』が実施されております。
 是非、飛鳥へお越し下さい。
 上記イベントは飛鳥駅前で実施されます。