豊浦宮跡・豊浦寺跡

point.gif豊浦宮跡・豊浦寺跡(現 向原寺)(トユラノミヤアト(コウゲンジ))23.jpg

 日本最初の女帝である推古天皇は592年に即位するが、崇峻天皇暗殺から間もない時であったため、新たに大規模な宮殿を築かなかったとする考えがあり、それが蘇我氏の邸宅の一部を転用した豊浦宮と考えられている。飛鳥時代の幕開けである。その後、宮は豊浦寺となるが、発掘調査の結果、金堂・講堂など伽藍配置の一部が明らかとなっている。また、出土した瓦からは飛鳥寺との関係が深いことや、遠隔地からも供給されていたことなどが判明した。

トラックバック(0)

この情報に対するトラックバックURL: http://www.asukabito.or.jp/mt-asuka/mt-tb.cgi/57

公益財団法人
古都飛鳥保存財団
〒634-0138
奈良県高市郡明日香村大字越13-1
TEL:0744-54-3338
FAX:0744-54-3638
info@asukabito.or.jp