寺・神社 関係の散策スポット

point.gif檜隈寺跡/於美阿志神社(ヒノクマデラアト/オミアシジンジャ)

02-01.jpg02-02.jpg

 昭和54年からの発掘調査によって、金堂・講堂とその基壇・塔・門・回廊・仏堂などが検出されている。これらの伽藍配置は塔の北に講堂があり、南に金堂を置くという特異な配置であり、かつ瓦積基壇という工法は、近江、山城、そして朝鮮半島の寺院で多く用いられており、日本への導入も渡来系氏族との関係が指摘されている。また、瓦が大量に出土しており、講堂の規模は飛鳥寺や法隆寺西院の講堂に匹敵する。創建年代は出土した瓦などから7世紀後半~8世紀初頭にかけてと考えられている。その他に平安時代の遺構からではあるが、金銅製飛天の破片が出土をみており、東漢氏の中心氏族檜隈氏の氏寺として建立された当寺の出土遺物としてふさわしいものである。現在、阿知使主を祀ったとされる於美阿志神社や、重要文化財である平安時代に造られた十三重石塔が現地にある。また、このあたりに宣化天皇の盧入野宮があったといわれているが、定かではない。

point.gif橘寺(タチバナデラ)10-01.jpg10-02.jpg

 ほぼ東西方向に中門・塔・金堂・講堂が並ぶいわゆる四天王寺式の伽藍配置となることが発掘調査によって明らかにされている。仏頭山北麓に位置し、すぐ北側には川原寺が営まれている。伽藍創建時の様子は不明であるが、金堂の造営が7世紀の前半頃、講堂の造営は8世紀、塔はその間の時期に造営されたと考えられている。多量の塼仏が出土したことから、川原寺同様仏堂を三尊塼仏で飾っていたと推測されている。『法隆寺伽藍縁起併流記資財帳』や『上宮聖徳法王帝説』などの文献は、橘寺と聖徳太子を結びつけるが、創建の事情は語られておらず、明らかではない。一般的に太子がお生まれになった御寺とされている。境内には二面石と呼ばれる石造物があるが、その顔はそれぞれ人の心の善悪を象徴しているといわれている。

point.gif川原寺(カワラデラ)11.jpg

 1957~59年に行われた発掘調査によって南大門、中門、塔、西金堂、中金堂、講堂、回廊などが検出された。伽藍配置の特色として、中金堂の前庭に塔と西金堂を対置することが挙げられ、このような配置形式をとる寺院として他に近江南滋賀廃寺や筑紫観世音寺などの例が考えられている。川原寺創建の事情は明らかでないが、創建以前の遺構によって埋め立てられた池に埋没していた遺物から7世紀前半を遡り得ないことが指摘されている。また、創建以前の遺構が発見されたことから、これらを川原宮と推定する考えがある。藤原宮期を通じて官の三大寺、四大寺に数えられる格式を保っていたが、鎌倉時代に焼失する。しかし、川原寺裏山遺跡の発掘によって、金箔が施されたものも含めて、千数百点の三尊塼仏、数百点の塑像などが出土し、創建当初の堂塔内の華麗さを伺い知ることができるようになった。現在伽藍の一部が復元整備されており、当時の面影を偲ぶことができる。

point.gif岡寺(竜蓋寺)(オカデラ(リュウガイジ))18-01.jpg18-02.jpg

 義淵僧正によって建立されたと伝えられるが、当時のものは隣接する治田神社境内にあったと考えられている。 
 重文の仁王門・書院をはじめ、本堂・楼門(桃山時代1614)など堂宇の美しい寺院で、義淵僧正坐像(国宝、奈良末~平安初期)・天人浮刻塼(重文・奈良時代8世紀)・木造仏涅槃像(重文・藤原時代)の他、本尊の如意輪観音坐像(重文・天平)は我国最大の塑像として有名である。なお、胎内仏という奈良前期の銅造如意輪観音像がある。また観音信仰の対象として、西国33カ所巡りの7番札所となっているため常に多くの参詣者がある。開山の義淵僧正は8世紀に活躍する一流の名僧たちを育成した人として有名である。

point.gif飛鳥寺(アスカデラ)19.jpg

 588年蘇我馬子の発願によって建立されたと伝えられる日本最古の仏教寺院。この造営には百済から渡来した僧・寺工など、多くの新知識や技術を携えた人々がかかわった。1956年からの発掘調査によって、塔を中心に東・西・北に金堂を築き、中門からのびる回廊がこれらを取り囲む伽藍配置であることが明らかとなった。日本に類例のないこの配置は、高句麗の清岩里廃寺に近似していることが指摘されている。また、"飛鳥大仏"の名で親しまれている本尊の釈迦如来は、止利仏師の作といわれているが、中国北魏様式をとっており、当寺が東アジアの様々な要素を取り込んで造営されていることがわかる。1196年の火災によって大破したが、法隆寺金堂釈迦三尊像との類似が指摘されている。

point.gif飛鳥坐神社(アスカニイマスジンジャ)21-01.jpg21-02.jpg

 神道は、大陸伝来の仏教に対し、日本古来の信仰であるが、その信仰を現す神社は、大部分規模が小さく簡素質朴である。この神社は神託によって829年3月10日現在の地に鎮座し、この地最古のものと伝えられる。鬱蒼とした森の中にあって、神のおられる所という意味で呼ばれる"神奈備"の雰囲気がよく現わされている。(飛鳥における神奈備は大和三山や、栢森などがある)
 毎年2月の第一日曜日には天下の奇祭「おんだ祭り」が行われ五穀豊穣・子孫繁栄を祈願する参詣者でにぎわう。

point.gif豊浦宮跡・豊浦寺跡(現 向原寺)(トユラノミヤアト(コウゲンジ))23.jpg

 日本最初の女帝である推古天皇は592年に即位するが、崇峻天皇暗殺から間もない時であったため、新たに大規模な宮殿を築かなかったとする考えがあり、それが蘇我氏の邸宅の一部を転用した豊浦宮と考えられている。飛鳥時代の幕開けである。その後、宮は豊浦寺となるが、発掘調査の結果、金堂・講堂など伽藍配置の一部が明らかとなっている。また、出土した瓦からは飛鳥寺との関係が深いことや、遠隔地からも供給されていたことなどが判明した。

公益財団法人
古都飛鳥保存財団
〒634-0138
奈良県高市郡明日香村大字越13-1
TEL:0744-54-3338
FAX:0744-54-3638
info@asukabito.or.jp