2010年8月アーカイブ

万葉の明日香

| | コメント(0) | トラックバック(0)

第一期飛鳥応援大使の塩山博之さんが、「スケッチ画集・万葉の明日香」を出版されました。

また、出版記念としまして、shop&Gallery room「輪」 

(奈良県高市郡明日香村岡 385-4 岡天理教前)にて個展を開催されます。

http://web1.kcn.jp/rin/access.html

 

 

画集「万葉の明日香」原画展

会期:9月15日(水)~9月26日(日) (21日休み)

 

http://blog.goo.ne.jp/rin-asuka/e/ec73e9574f2d5b0636cd0ea4c1186aa9

塩山さんの三年間で70回を超える飛鳥探訪の成果であり、絵を描き始められて25年の節目として、また、飛鳥応援大使の活動の一環として、明日香の魅力を広めることに役立つのではないかと考えられて、出版・個展開催を決意されたとお聞きしています。

画集は、飛鳥駅前の「飛鳥びとの館」、「輪」、「両槻会講演会受付」で販売されます。皆さんも是非手にとってご覧下さい。

 塩山さんのご許可をいただき、飛鳥応援大使 風人が代わりに投稿しました。

赤色に燃える明日香

| | コメント(1) | トラックバック(0)
DSC_0213-1.jpg

8月15日に明日香を訪れました。

帰りに偶然に出会った明日香の素晴らしい夕焼け。

悠久jの時を感じました~♪

                                 明日香応援大使

                                   島谷幸雄      yu-ki

 

 

 

  n100731a.jpg 

第3期飛鳥応援大使 風人です。こんにちは♪

7月31日(土)、両槻会は、第21回定例会としまして、飛鳥資料館講堂で講演会を開催しました。

「キトラと高松塚の壁画について」と題しました飛鳥資料館学芸室長:加藤真二先生のお話を楽しみました。ほぼフルシートの参加者を得て、飛鳥を代表する二つの古墳について、存分に学び楽しむことが出来たと思います。講演会には、遠くは埼玉県からお越しくださった方もあり、大いに飛鳥の良さや面白さをアピール出来たのではないかと思います。

その講演の全ての予定を終了した後に、飛鳥好きの皆さんとの懇親の時間を設け、その場で応援大使の存在や活動なども紹介しました。また、第一期応援大使の方もご参加いただけ、活動をご紹介出来る機会にもなりました。その件については、またご報告させていただきます。

飛鳥をアピールする機会として、両槻会では、9月11日(土)に第22回定例会を実施いたします。

「瓦を楽しく学んで見ましょう! -瓦の見方教えますー」と題して、橿原考古学研究所 岡田雅彦先生にお話いただきます。詳しくは、両槻会サイトをご覧下さい。飛鳥好きの方なら何方でも参加出来ます。

古代飛鳥の大寺院を飾った瓦。その模様をご覧になった方はいらっしゃると思いますが、小難しいとかマニアックであると言う先入観がそこから先に進むことを阻害していると思います。今回は、それを分かりやすく基礎から学ぼうと企画しました。瓦も、飛鳥の面白さの一つだと思います。

下図は、古代の飛鳥寺や豊浦寺や山田寺を飾った瓦の模様です。如何ですか♪

rengemon.png

 

ブログ運営責任
公益財団法人古都飛鳥保存財団
〒634-0138
奈良県高市郡
明日香村大字越13-1

TEL:0744-54-3338
FAX:0744-54-3638
info@asukabito.or.jp