-

散策スポット SIGHTSEEING SPOT

牽牛子塚古墳(ケンゴシヅカコフン) 史跡日本遺産構成文化財世界遺産構成資産候補古墳

牽牛子塚古墳[写真]-

越の丘陵先端部の安定した場所に位置し、墳丘は版築を用いた対辺22mの八角形墳である。墳丘裾部の凝灰岩切石の石敷きの直上から大量の凝灰岩切石が出土しており、墳丘全体が凝灰岩の切石で装飾されていたことがわかった。埋葬施設は、凝灰岩の切石を組み合わせて築いた横口式石槨で、石室には二つの墓室が設けられていて、開口部には二重の閉塞石がある。

夾紵棺の破片や金銅製の棺金具(七宝亀甲形座金具、八花文座金具、六花文環座金具、円形座金具、綾隅金具)、鉄製の鎹、釘、ガラス玉などの玉類、歯牙などの遺物が出土している。

墳丘の形や石槨の特徴および出土物から、斉明天皇および間人皇女の合葬された、小市岡上陵の可能性が高いと思われる。

発掘調査の結果、盛土の自然流出や墳丘の崩落などの弱体化が認められた。その対として石槨や墳丘を補強盛土よび凝灰岩の切石で覆い、調査成果より築造当時の姿に復元元するとともに、元の墳丘や石槨のシェルターの役割を果たしている。

 

 

基本データ-

所在地奈良県高市郡明日香村越
形状八角形墳
規模対辺長約22m、高さ4.5m以上、三段築成
築造年代7世紀後半
アクセス近鉄飛鳥駅から徒歩7分
お問合せ飛鳥観光協会 0744-54-3240

アクセスマップ-

一覧に戻る

- - -

PAGE TOP