-

普及啓発事業 PUBLIC AWARENESS

「飛鳥・藤原まるごと博物館」検定 Certification Test

<飛鳥・藤原まるごと博物館検定試験>
飛鳥地方の歴史・文化等に精通している方々を認定するための検定です。世界遺産登録をめざす「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」や飛鳥地方における価値ある文化資源を持つ飛鳥・藤原をより多くの方に理解していただく一方、飛鳥・藤原の魅力を広く伝える役目として活躍していただくことを目的としています。

飛鳥学冠位叙任試験とは

飛鳥学冠位叙任試験は「飛鳥学」の定着を目指す催しとして、2011年に第1回を実施。試験では飛鳥にまつわる歴史・文化など、幅広い知識が問われ、成績に応じて冠位十二階を参考に、飛鳥時代さながらの冠位と官職が授与されました。問題の難易度ごとに入門編・中級編・上級編、小・中学生を対象にした小舎人編があり、成績優秀者は叙任式に招かれました。2020年に実施した第10回をもって幕を閉じました。

書籍「飛鳥への招待」

~飛鳥への招待~飛鳥学冠位叙任試験が第10回を迎え、また財団創立50周年という節目でもあり、その集大成として1冊の書籍「飛鳥への招待」として発刊しました。
飛鳥学冠位叙任試験の問題作成委員会の先生方による新聞連載を再編集し、さらに「座談会」や宮殿・寺院、古墳、万葉故地の3つのモデルコースを専門家がガイドする「周遊紀行」が収録されています。
PDFファイル→

冠位叙任試験過去問-

飛鳥学冠位叙任試験の過去問をまとめました。
過去問を参考に今年の試験にチャレンジしてみよう!

  1. 令和2年度
  2. 令和元年度
  3. 平成30年度
  4. 平成29年度
  5. 平成28年度
  6. 平成27年度
  7. 平成26年度
  8. 平成25年度

- - -

PAGE TOP