-

散策スポット SIGHTSEEING SPOT

豊浦宮跡・豊浦寺跡(現 向原寺)(トユラノミヤアト(コウゲンジ)) 寺・神社遺跡・跡地

豊浦宮跡・豊浦寺跡(現 向原寺)[写真]-

日本最初の女帝である推古天皇は592年に即位するが、崇峻天皇暗殺から間もない時であったため、新たに大規模な宮殿を築かなかったとする考えがあり、それが蘇我氏の邸宅の一部を転用した豊浦宮と考えられている。飛鳥時代の幕開けである。その後、宮は豊浦寺となるが、発掘調査の結果、金堂・講堂など伽藍配置の一部が明らかとなっている。また、出土した瓦からは飛鳥寺との関係が深いことや、遠隔地からも供給されていたことなどが判明した。

基本データ-

所在地奈良県高市郡明日香村豊浦630
拝観料境内無料
駐車場なし
アクセス近鉄「橿原神宮前駅」より、奈良交通バス岡寺行き「豊浦」下車
お問い合わせ向原寺 0744-54-2512

アクセスマップ-

一覧に戻る

- - -

PAGE TOP